-貞山運河研究所は、貞山運河の魅力を再発見し、地域振興に活かします-

明治時代の歴史

名取川と七北川を結ぶ堀は明治なるまで建設されませんでした。明治時代になって、堀の必要性に気付いた仙台の商人たちが、資金を出して士族を雇い、新堀(9.5km)を開削しました。戊辰戦争で敗れた仙台藩には開削のための財力はありませんでした。新堀の完成により、木曳堀、新堀、御舟入堀が連結され、延長31.5kmの水路が実現しました。新堀では通過する舟から通行料を取ったということです。

明治政府は近代化政策の一環として、3つの大型近代港の建設を進めました。その1つが東松島市の鳴瀬川の河口に位置する野蒜港で、建設は明治12年(1879 年)に始まりました。築港の関連工事として、その1年前の明治11年(1878年)に、港と石巻を結ぶ北上運河の開削が、また、港と松島湾を結ぶ東名運河の開削も明治16年(1883年)に開始されました。この2つの運河は明治17年(1884年)に完成しましたが、その年に、まだ建設途中であった港が台風に襲われ、一部完成していた機能が失われたため、工事継続の妥当性に疑義をもった政府は野蒜築港を断念しました。若干残されていた築港の遺構は、震災の影響を受けましたが、まだ一部は残されています。
IMG_0372北上運河の北の終端は旧北上川で、そこに運河と川の水位を調整するため石井閘門が造られましたが、現在ま
でほぼ原形のまま残っています。震災で多少の損傷を受けましたが、修復が行われています。

明治20年(1888年)に、上野~仙台~塩竈間の鉄道が開通すると、貞山運河の当初の役割は終わります。その後は、それぞれの地域の水上交通路として使われ、昭和初期までは多くの船が往来していました。

PAGETOP
Copyright © 貞山運河研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.