-貞山運河研究所は、貞山運河の魅力を再発見し、地域振興に活かします-

貞山運河の概要

貞山運河は、開削時期が異なる3つの堀と2つの運河で構成されます。その総延長は49kmですが、塩釜湾と松島湾を含めると約60kmの水路となります。

【貞山運河の構成】

NO. 名称 開削時期 全長 範囲
1 木曳堀
(きびきぼり)注
慶長2~6年
(1597~1601年)
15.0km 阿武隈川(岩沼市)⇔
名取川(名取市)
2 新堀
(しんぼり)
明治3~5年
(1870~1872年)
9.5km 名取川⇔
七北田川(仙台市)
3 御舟入堀
(おふないりぼり)
万治元年~寛文13年
(1658~1673年)
7.0km 七北田川⇔
塩釜湾(塩竈市)
4 東名運河
(とうなうんが)
明治16~17年
(1883~1884年)
3.6km 松島湾(東松島市)
⇔鳴瀬川(同)
5 北上運河
(きたかみうんが)
明治11~17年
(1878~1884年)
13.9km 鳴瀬川⇔
旧北上川(石巻市)

貞山運河概要図

貞山運河は江戸時代の直前の慶長2年(1597年)から開削が始まり、途中で空白の時期を経て、明治17年(1884年)に全長が完成します。

明治14年(1881年)に、時の宮城県土木課長早川智寬が伊達政宗の遺徳をしのび、仙台藩主伊達政宗の法号「瑞巌寺殿貞山禅利大居士」から、木曳堀~御舟入堀までを貞山堀と命名したと伝えられます。明治17年(1884年)に、阿武隈川から旧北上川までの運河の道が、塩釜湾と松島湾を挟んで完成しましたが、同年6月の台風により被災したので、宮城県による復旧工事が行われ、明治22年(1889年)に竣工した際、運河取締規則告示で木曳堀から北上運河までを「貞山運河」と呼称するようになった、と言われています。

貞山運河の歴史は【政宗時代】と【明治時代】の2つの時代に分けられますが、以下にその概略を示します。

PAGETOP
Copyright © 貞山運河研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.