2018年7月8日(日)10:00〜14:00
貞山運河(新堀周辺)

仙台市協働まちづくり推進助成事業の助成金を活用した2018年度事業の第2回目です。今回は運河を渡らず、内陸側の自然観察(主に植生について)を行いました。


みんなの家に集合し、出発前に講師の平吹先生(東北学院大学教養学部)から説明をしていただきました。海岸の特徴、地質と地形について。新浜地区は、七北田川が残した若干高い場所に鍵状に集落ができています。微地形で植生も異なっていることなど、調査結果を紹介されました。


みんなの家を出発してみんなで歩きます。


新しくできたビオトープ田んぼでは、地元のメダカ400匹の保全が行われています。


運河沿いに残った松林の中に入っていきました。貴重な植物が残っているそうです。津波後、ヘビも戻ってきたとのこと。
平吹先生といっしょに参加してくださった植物の専門家の杉山さんからも、ヤマアワ、グミ、ヒメガマなど道すがら植物について教えて頂きました。


植林している箇所を越え、藪漕ぎして、貞山運河に出ました。
現地を歩いた後は、みんなの家に戻って、今日の感想など意見交換をしました。